JTECTは瑞浪市出身の三島泰哉プロを応援しています

JTECTは2021年から、JTECT本社のある岐阜県瑞浪市出身のプロゴルファー三島泰哉プロを応援しています。
JTECTは瑞浪市のみなさんと共に、瑞浪市出身のアスリートを応援しています。

三島プロからのメッセージ

三島泰哉プロ

この度、地元の瑞浪市に本社のある株式会社JTECT様とスポンサー契約をさせて頂きました。
プロゴルファーとして地元の企業である株式会社JTECT様からの応援に感謝と共に嬉しさの気持ちでいっぱいです。

2023年は日本ツアーのルーキーイヤーとなります。
応援して下さる方々に感謝を忘れず自分らしくプレーをして、初優勝とシード獲得を目標に、1日でも早く活躍した姿を見せられるよう頑張ります!

三島泰哉プロ プロフィール

氏名 三島 泰哉 (ミシマ タイガ)
出身地 岐阜県瑞浪市
所属 滋賀カントリー倶楽部
生年月日 1998年2月4日
身長 168cm
プロ転向 2020年
ゴルフ歴 10歳から
得意クラブ アプローチ
出身校 中部学院大学
SNS https://www.instagram.com/tigger.no24/

主な戦績

2022 JGTOファイナルQT 20位
2022 For The Players By The Players 25位タイ

三島プロ 大会コメント

フジサンケイクラシック予選を終えて

フジサンケイクラシックが予選落ちで終わりました。
ツアー屈指のモンスターコースターと言われるだけあって、コースコンディションは人生1の難しさがありました。

ですがツアーに出場するたびに学びしかありません。急成長はなかなかしませんが、成長してます!

ツアーはこれからマンデー予選会からしか出らませんが、Abemaツアーで来年のツアー出場権を取れるよう頑張ります!

Sansan KBCオーガスタゴルフトーナメントを終えて

SAN SAN KBCオーガスタゴルフトーナメント
68位タイで終えました。

初日にいいスタートがきれて、今季初のツアーでの決勝進出になりました。
初日の勢いのまま最終日まで駆け抜けたかったところですが、最終日にかけて難度が増す芥屋GCの高速高麗グリーンに苦しみました。

まだまだツアー優勝までは足りない物が多いですが、難コースや緊張感のある場面でも自分のゴルフが出来れば通用すると実感出来ました。

次週はフジサンケイクラシックですがウェイティング2番目で出られるかわかりません。
出られない場合、残りのAbemaツアーが主戦場となり、Abemaツアー賞金ランク上位20位で2024年の前半戦シード権を目指して頑張ります。

横浜ミナト Championship ~Fujiki Centennial~を終えて

横浜ミナト Championship ~Fujiki Centennial~が終わりました。
結果はまたしても予選落ちとなりました。
初日に+11と崩してしまい取り返せずに予選落ちとなりました。

練習では調子は悪くないのですが、ツアー会場に行くと調整の仕方や気持ちの面で、不安やバラツキがあります。
本番に弱い状態になってしまっているので、自信を持って挑めるよう調整をしていきたいと思います。

長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントを終えて

セガサミーカップが終わり8連戦が終わりました。
全て予選落ちとかなり苦しい日々が続いています。
ショットは良くなってきているのですが、スコアに直結するショートゲームがなかなか慣れず苦しんでいます。

信念を持ってやり続ける事が、大事だと更に実感しました。
これからの結果に繋がると信じて信念を持って頑張っていきます!

ミズノオープンを終えて

ミズノオープンが終わりました。

1日目78 +6
2日目72 ±0
トータル+6 124位タイ
カットライン -1

今回はホストプロとして初のミズノオープンでした。
大会会場のJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部は広大な平地で林がなく、強い風が吹くリンクスコースです。
昨年も出場しましたが、かなり苦手としているコースでした。
昨年と同様に少しずつスイングにズレが出て、ショットが悪くなり、チャンスに付けることが出来ませんでした。

あとは予選落ちが続く中、気持ち的に本当に切り替えが出来ていないので、気持ちを強く次に切り替えていきます!

ゴルフパートナーPRO-AMトーナメントを終えて

先週のJapan players championshipに続き、ゴルフパートナープロアマが終わりました。

1日目-3
2日目+3
トータル±0
カットライン60位 -3

また2日目にスコアを落としてしまい、予選落ちという結果になりました。

大まかなゴルフの内容は通用していると思いますが、2日間36ホールある中で、1・2ホールでボギー以上の悪いホールがあると予選通過や上位進出が難しくなります。

ツアー会場のコースセッティングは総距離や長いラフ、硬く速いグリーン、サイドに切ってくるピン位置など、スコアを落とし易い難しいセッティングになります。
プレー中、1〜2分で気候や傾斜、自分自身のコンディションの状況判断をしてクラブを選択し、目標とNGゾーンをどの様に打つか、を決めます。
今週の試合で、持っている技術をより活かす状況判断が、大事だと明確にわかりました。

これから8連戦が続くので、チャンスが来た時の準備と成長が出来るよう頑張って行きます!

東建、Novil cupを終えて

東建では2日目17ホールまでは良いプレーができていました。
18ホール目に予選カットラインが-3と間違い5mのパーパットを入れにいき3パットのダボにして予選通過を逃しました。

Novil cupでは初日スタートパー5のセカンドで泥がボールに付いていてOBのダボスタートと気が重くなる出だしとなり、その後のプレーを悪くしてしまいました。

プレー内容は悪くないのですが、それを活かす考え方や、プレー中のメンタルが課題になりました。

次は関西オープンです。
気持ちをリセットし、何を目標として何をすれば良いのかに集中して、流れ悪くても目標に集中出来るようプレーをして来ます!

第40回記念岐阜オープンクラシック2023
三島泰哉プロ

この岐阜オープンはアマチュア時代の高校生から出場している試合で、例年グリーンコンディション、有観客の雰囲気とシード選手と一緒に回れる機会がある試合です。
10年近く前から出場していて毎年成長を感じています。

今回はツアー前哨戦として自身がツアー選手の立場になっての出場でした。
難しいコースコンディションの中、試合にならないとわからない事があります。
それを踏まえて初日は良いゴルフが後半に出来たので、それだけでも非常にプラスになりました。
2日目には初日に不安があったショートゲームの距離感が、うまくいかず来週東建コーポレーションカップへの1番の課題となりました。

課題を修正して良い準備をしてツアーに臨みます!

今後の出場予定

予定が決まり次第お知らせいたします

出場した大会


home